ウラジロヨウラク   (裏白瓔珞)      ツツジ科 


和名の由来  瓔珞(ようらく)は仏像の天蓋(てんがい)などにかけた珠玉や貴金属の飾りのことで,葉裏が白味を帯びるため
花の特徴  枝先に5〜10個の花を開く。花柄は長く腺毛が密生する。花冠は約15mmの筒状で斜め下向きに咲き、先は5裂する。
開花時期  5−6月
分布生育地  北海道 本州
その他   


(画像clickで拡大)
21.06.28.  (zao-mt)21.06.21.  (zao-mt)21.06.12.  (zao-mt)16.05.19.  (yasou-bot)20.05.24.  (yasou-bot)18.05.16.  (tohoku-bot)16.05.13.  (tohoku-bot)16.05.19.  (yasou-bot)15.05.18.  (tohoku-bot)16.05.19.  (yasou-bot)15.05.18.  (tohoku-bot)15.06.05.  (yasou-bot)17.05.16.  (tohoku-bot)17.05.16.  (tohoku-bot)17.05.24.  (yasou-bot)