タイサンボク    (泰山木 大山木)   モクレン科 


和名の由来  大きな花や葉を付け大木になる姿を大きな山になぞらえた、山のような泰然とした姿から名付けられたとも。また、花が大きな盞(さかずき)の形をしているから「大盞木」と書いてタイサンボクと読む、という説もある
花の特徴   花は直径10センチ〜20センチとかなり大きい 葉は肉厚で冬でも光沢を持つ。裏面が黄色っぽい
開花時期   5-6月
分布生育地  北アメリカ中南部を原産 日本には明治時代に渡来
その他   


(画像clickで拡大)
21.06.25.  (aoba-pak)19.07.19.  (aoba-pak)19.07.19.  (aoba-pak)18.06.12.  (aoba-pak)18.06.12.  (aoba-pak)18.06.23.  (aoba-pak)18.06.23.  (aoba-pak)18.06.17.  (sonota)18.06.17.  (sonota)20.07.20.  (aoba-pak)17.10.27.  (aoba-pak)17.12.04.  (aoba-pak)